空手の技術研究

月刊空手道にて好評連載中!【空手技術開発プロジェクト】 未だ明かされなかった空手の極意・秘術・奥義が今ここで・・・!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

月刊空手道連載用 特別編 第4話“体の使い方”

大変ご無沙汰してしまいました_(._.)_
第4話から39話が非公開になっておりましたので、今回からまた再開させていただきます☆ヽ(^。^)ノ


前回の第3話まで、“間合い”とは。という課題で空手の技術を述べてきました。さて今回からは、“体の使い方”という課題でお話を進めて行きたいと思います。


では体の使い方と言っても、いったいどのように使えば勝負に勝てるのでしょうか。より有効な使い方で、より効果の現れる体の使い方をできるようにしなければならないのですが、その為にまずは人間の体のしくみからお話して行く必要があるでしょう。


そこで空手に限らず人間の身体操作において、一番重要な身体構造からお話をすすめたいと思います。まず大きく分けますと、人間の体には骨がありその各骨をつなぐ関節があり、それらの骨のまわりに筋肉があります。この骨と関節と筋肉が相互に関連し合いながら、てこの作用などを起こし体を動かしています。そのなかで、体の使い方において知らなければならないのは、やはり筋肉についてでしょう。まさにその筋肉をどのように使って、これら骨や関節や筋肉でできた体を動かすのか、というところからお話をしましょう。


まず、体が伸びる時に使われる筋肉が伸筋。体が縮む時に使われる筋肉が屈筋と言われていますが、空手の攻撃技である突き・打ち・蹴りといった動作は、すべて体を伸ばしつつ繰り出される為、とにかく伸ばすことによって技が繰り出されると思い込みがちなのですが、すべての身体操作は筋肉が縮むことによって引き起こされているということを、まずは認識し理解してください。



では次に、どのような筋肉の使い方をすれば十分な力を発揮することができるのでしょうか。まずは逆に筋肉が十分な力を発揮できなくなってしまう時の原因について探り、より理解を深めて行きましょう。

筋肉が十分な力を発揮できなくなってしまう時の要因には、大きく分けて次の3つが考えられます。図1・2・3を見てください。・・・・・・・・。

ここまでで、筋肉の状態をどのように保つことにより、目標の筋肉に100パーセントの力を発揮さることができるかということが、ほぼご理解いただけたのではないかと思いますが、結果をまとめますと・・・・・・・・。と言うことでしょう。
では次に、どういう時にこの100パーセントの力を発揮しなければならないかと言うことですが、それは、いついかなる時にでも。と言うことでしょう。なぜ、今私がこのようなあたりまえのことを言ったかですが、それは最近「このような状態や大勢からは、いくらなんでも蹴り又は、突き又は、打ち等の技を極めるのは不可能だろう。」といった意見を見聞きする機会があったからです。この考えは私には全く理解ができなかったのですが、あまりにそのようなことが多い為これが一般的な考えなのであろう。と思うようになりましたが、空手の技というものはいついかなる時にでもどのような体勢や状態からでもどの技であろうが、瞬時に繰り出し極めることができます。



まずは皆さん、このようなものなんだな。程度にご解釈いただき、固定概念をすべて捨て去り、ここから先の“体の使い方”をお読み頂けることで、よりご理解が深まるものと信じて書き進めさせて頂きたいと思います。また、今回は基本的なお話になってしまいましたが、今回の内容は非常に重要なことですので、ぜひ空手の基礎内容としてご理解いただきたいものであります。

(イメージ図及び、・・・・・・・・の部分の説明をご覧になりたい方には大変恐縮ではございますが、今の所公開予定はございませんが、イメージ図の一部は私のFacebookにて公開いたしておりますのでご参考まで\(-o-)/☆彡 https://www.facebook.com/takaaki.tsukidate)


第5話につづく。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<空手の指導スタッフ急募 !! | HOME | 月刊空手道連載用 特別編 第52話 筋肉を使わず骨で戦う>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。