空手の技術研究

月刊空手道にて好評連載中!【空手技術開発プロジェクト】 未だ明かされなかった空手の極意・秘術・奥義が今ここで・・・!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

月刊空手道連載用 特別編 第47話 勢いをぶつける、振り、乗り、回転ステップ NO.2

勢いをぶつける、振り、乗り、回転ステップだが、前回の形状記憶の術をイメージしていただき、脱力し、上中下の丹田や重心の支点を利用し、片足を投げ出した後、形状記憶させることで推進力を得たり、軸足を脱力し進行方向への推進力を更に高めます。あるいは、床に対しピポットターン的に片足を差し出します。次に、脱力により体の急速落下が始まります。重心の支点や上中下の丹田が作用し、つっかえ棒の足とは逆方向に体が飛んで行きます。次の重心の支点や上中下の丹田の作用を利用し、足を置いたり、また次のステップやリズムや、つっかえ棒の足を差し出します。これらの連動する動きの中で、運足や転身が行われます。その動きの中には、腰の切り替え・回転や、足のスイッチ・切り返しなどの様々な要素が取り込まれ、全く敵が予想もつかない、身体操作・位置取り・動きとなるのです。技は、これらの動きの中で自然に繰り出されます。

これに加え、四方八方への体の振りや、その3次元への手足の振り、また、下からかちあげるような動作や、敵に乗りかかってしまうような体の使い方などを行うことで、更に進化した空手の動きとなります。そして、もう少し書き加えたい動きがあります。それは、左構えで動くと人間の自然な動きの中で、…して行く傾向があり、右構えで動くと、…して行く傾向がある。ということで、その、自然な動きをうまく利用できると、相当な動きができるようになることでしょう。また、追い突きは、胸側方向に。逆突きは背中側方向に回転力を得られる傾向も、感じています。分かり易い説明を致しますと、昔の稽古方法で逆突き刻み突きの連続技を繰り返し、左構えの時は自然と右回り。右構えの時は自然と左回り。となるものがあったことを、記憶しています。空手の研究を重ねていると、意外な人間の動きに気が付かされるものです。


(イメージ図及び、…の部分の説明をご覧になりたい方は、“月刊空手道”VOL.467、2009年5月号の連載記事、“空手技術開発プロジェクト”を、ご覧ください。)

第48話につづく。
スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<月刊空手道連載用 特別編 第48話 空手の呼吸 | HOME | 月刊空手道連載用 特別編 第46話 勢いをぶつける、振り、乗り、回転ステップ NO.1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。