空手の技術研究

月刊空手道にて好評連載中!【空手技術開発プロジェクト】 未だ明かされなかった空手の極意・秘術・奥義が今ここで・・・!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

月刊空手道連載用 特別編 第47話 勢いをぶつける、振り、乗り、回転ステップ NO.2

勢いをぶつける、振り、乗り、回転ステップだが、前回の形状記憶の術をイメージしていただき、脱力し、上中下の丹田や重心の支点を利用し、片足を投げ出した後、形状記憶させることで推進力を得たり、軸足を脱力し進行方向への推進力を更に高めます。あるいは、床に対しピポットターン的に片足を差し出します。次に、脱力により体の急速落下が始まります。重心の支点や上中下の丹田が作用し、つっかえ棒の足とは逆方向に体が飛んで行きます。次の重心の支点や上中下の丹田の作用を利用し、足を置いたり、また次のステップやリズムや、つっかえ棒の足を差し出します。これらの連動する動きの中で、運足や転身が行われます。その動きの中には、腰の切り替え・回転や、足のスイッチ・切り返しなどの様々な要素が取り込まれ、全く敵が予想もつかない、身体操作・位置取り・動きとなるのです。技は、これらの動きの中で自然に繰り出されます。

これに加え、四方八方への体の振りや、その3次元への手足の振り、また、下からかちあげるような動作や、敵に乗りかかってしまうような体の使い方などを行うことで、更に進化した空手の動きとなります。そして、もう少し書き加えたい動きがあります。それは、左構えで動くと人間の自然な動きの中で、…して行く傾向があり、右構えで動くと、…して行く傾向がある。ということで、その、自然な動きをうまく利用できると、相当な動きができるようになることでしょう。また、追い突きは、胸側方向に。逆突きは背中側方向に回転力を得られる傾向も、感じています。分かり易い説明を致しますと、昔の稽古方法で逆突き刻み突きの連続技を繰り返し、左構えの時は自然と右回り。右構えの時は自然と左回り。となるものがあったことを、記憶しています。空手の研究を重ねていると、意外な人間の動きに気が付かされるものです。


(イメージ図及び、…の部分の説明をご覧になりたい方は、“月刊空手道”VOL.467、2009年5月号の連載記事、“空手技術開発プロジェクト”を、ご覧ください。)

第48話につづく。

スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

月刊空手道連載用 特別編 第46話 勢いをぶつける、振り、乗り、回転ステップ NO.1

空手の勝負では、得てして勢いに乗った方が勝つものである。勢いに乗るとは、いろいろな要素があるが、今回は動きの勢いで説明してみよう。競技で言うと縦横無尽に動き回れ、コートの端から端まで瞬間移動やワープするかの如く瞬時に移動できた方が、当然、有利である。実際に移動しなくとも、それができるということは自信と余裕を生む。

いつも指導で、生徒達に声を掛ける。右に行ったら左、左に行ったら右、斜めもあるぞ。右手の次は左手、左手の次は右手、手行ったら足、足行ったら手、リズムを変えろ、間を変えろ。スピードを変えろ。上段行ったら、中段、中段行ったら上段、下段もあるぞ。等。
先を取って瞬時にタイミングを外す。敵の予知できぬ動きで、予知できぬタイミングで、予知せぬ場所へ瞬間移動・ワープする。敵は、気が付いたら倒されている。壁まで飛ばされている。これは、間合いと、角度、タイミング、体の使い方で、可能となる。
動いている敵の急所の一点を狙って攻撃する。ならば、…れば勝ちである。それは武道・武術の真剣勝負であろうが、競技の真剣勝負であろうがいっしょである。なぜならば、…のだ。つまり、…だけ極めれば勝ちなのである。

さてここで本題に入る前に、まずは、過去に書いた以下文章をもう一度思い出していただこう。
2次元ではなく、3次元に自在に体を動かすことができた方が、敵に対し、体の使い方としては確実に優位に立つということが言えるでしょう。
では、このような3次元の動きをするためには、なにをどうすれば良いのでしょうか。それは、まず第一に体を柔らかく使う。と言うことですが、得に足腰のうちの、足首・膝・股関節そして、腰。また、お腹・胸・背中・肩・首と、人間の体で言うところの体幹を、まずは、柔らかく使えれば良いでしょう。
実は、非常に重要なポイントがあります。それは、…していきます。
宮本武蔵が、五輪書で、「我が兵法では、足づかいで変わったことはしない。普通に道を歩くようにするだけである。」と、言っているのは、将に、このような人間の体の自然な動きが重要である。という意味合いも含むものと、私は感じるのです。
では、これらのことをふまえ、これまで書かせていただいてきました文章に新たな説明を加え、今回の本題に入ろう。



(イメージ図及び、…の部分の説明をご覧になりたい方は、“月刊空手道”VOL.464、2009年2月号の連載記事、“空手技術開発プロジェクト”を、ご覧ください。)


第47話につづく。

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。