空手の技術研究

月刊空手道にて好評連載中!【空手技術開発プロジェクト】 未だ明かされなかった空手の極意・秘術・奥義が今ここで・・・!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

月刊空手道連載用 特別編 第44話 あきらめない者が目標を成し遂げる。& 強くなる稽古方法。

あきらめない者が目標を成し遂げる。勝つまで戦い続ければ良い。負けてあきらめるから敗北で終わり、そこから先は消えて無くなり永遠とやって来ないのである。勝つまでの過程を体に刻み込む。どうしたら勝てるのかを考える。創意工夫する。やってみる。実行・反省・改善の繰り返しだ。いずれ、勝つのがあたりまえになる。勝ちが身に付いたのである。体得したということ。
あとは継続は力なり。である。

夢はきっと叶う。あきらめない。と決めたときに、その夢は叶ったようなものである。本当にあきらめないでコツコツと努力する。一生修行である。しかし、その修行を楽しまなければ面白くない。苦しいとき、楽しいとき、一人で悩み苦しむとき、仲間と切磋琢磨するとき、緊張、挫折、達成、喜び、悲しみ、失敗、成功、全てが肥やしとなり、人間は成長する。

常に何かに挑戦すべきである。天才は歴史に学び、凡才は経験に学ぶ。と聞いたことがある。しかし、本当の意味で理解できることとは、自分が体験したことだけだと私は思う。だから、たくさんの経験を積むべきである。世の中の成功者は、失敗の数の多い人でもあると信じている。若い者には旅をさせろ。苦労を買ってでもせよ。などといわれている。全くその通りで必ずや成功の数も増え、夢や目標を成し遂げる。

空手は修行の道である。大いに楽しみ思いっきり突き進め。幅が広く、奥も深く、やりがいがある。一生、死ぬまで続けられる。小手先の技術に走ってはならない。常に王道を行け。空手という王道を行け。と、次代へと伝えたい。

私の生きる限りは、空手は一生修行の道。と思っている。皆様には、私の良いところだけ学んで欲しい。私が死ねば、残った組織は、ひき継ぎたければその者が引き継げば良い。引き継ぐ者がいなければ消えて無くなる。生きている間は、精一杯空手の修行を楽しもうと思う。できれば、後継者と言われるくらいの肝が据わった空手家が育って欲しい。今の若者に期待して良いものであろうか。生きているうちに私の弟子と言える若者が現れてほしいものである。いや、絶対に育て上げるまで私はあきらめない。絶対に死なない。人間は弱い。さぼりたい。逃げたい。恐い。休みたい。だから、強くなろうと努力する。私もそのような、空手を愛する普通の人間である。

野生の世界では、弱そうな者から先に、ぱくり。と食べられてしまいます。稽古中に、疲れた。痛い。暑い。寒い。眠い。かゆい。などと、弱音を吐いてはいけません。弱そうな者から先に、やられてしまいます。・・・いる選手が、優勝するでしょう。それは、・・・から。弱い者は、・・・しています。・・・。
皆さん、日々の稽古は・・・積みましょう。きっと強くなることでしょう。

今回も、考え方のお話になってしまいましたが、技術開発につながるものとしてお役立ていただけましたら、幸いです。



(イメージ図及び、…の部分の説明をご覧になりたい方は、“月刊空手道”VOL.460、2008年10月号の連載記事、“空手技術開発プロジェクト”を、ご覧ください。)

第45話につづく。
スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。