空手の技術研究

月刊空手道にて好評連載中!【空手技術開発プロジェクト】 未だ明かされなかった空手の極意・秘術・奥義が今ここで・・・!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

月刊空手道連載用 特別編 第43話 外見ではわからない、空手家の強さを身に付ける方法

空手家は、他の格闘技・スポーツ選手などと比べ、普通の人の体型であることが多いのではないでしょうか。柔道やレスリングや相撲など、見るからにそのまんまの体型の選手ばかりです。では、普通の人の体型で、いったい何が普通の人とちがうのでしょうか。それは、身体操作の達人になることが求められ、変幻自在に思った通りの動きをすることが最も重要な部分のために、これといって筋骨隆々でもなく、特別太っている訳でもないのです。だからといって破壊力が無いわけではなく、合理的な身体操作により、破壊力を得ているのです。

では、その合理的な身体操作の要素となるものには、どのようなものがあるのでしょうか。
この要素は、つまり外からは捉えにくいもの、外見ではわかりずらいものと言えるでしょう。まずは、“気”。これは、気力・気迫・気構え・気持ち・空気・やる気などで表されます。次に、“肝”。肝試し・肝を据える・肝を冷やす・肝っ玉などです。次に、“呼吸”。空手やスポーツ・武道など、あらゆる場面で必然的に、呼吸又は、さまざまな呼吸法が自然と行われます。次に、“目付け”。これは、目線・見るときの目・観察するときの観の目などがあります。次に、“丹田”。上中下の丹田については、近年盛んに取り上げられるようになりました。次に間接的ですが、“間合い”。次に、バランス感覚や、体型や筋力のバランスなど。最後に、見えにくい要素として今回メインに取り上げる、“インナーマッスル”。外見では確認しずらい、体の内側の筋肉です。

あえて説明しますが、このインナーマッスルとは、特に強い力を発揮する大きく外側に見える筋肉ではなく、体の内側の小さな筋肉で、関節を固定する役目があり、肩や腰や膝などをささえたり、細かいひねりや微妙な動きを行うために必要な筋肉で、知らず知らずのうちに日常で働き続けている筋肉です。又、素早い動作をするためには、欠かせない筋肉であると言えるでしょう。将に、空手家には必須アイテムと言ったところでしょうか。このインナーマッスルを鍛えるには、軽度の負荷にて、比較的ゆっくりした動作を、高レップ(回数)で行うトレーニングが有効とされています。又、・・・が、実は、インナーマッスルを鍛えるのに非常に効果的です。近年、怪我の防止の為に特に注目されている筋肉です。

我々空手家は、普段あまり使わないような筋肉をけっこう使っているようで、日々指導をしていると、思わぬ所が筋肉痛になった。と言うような話をよく聞きます。それと、稽古の中で、一見こんなことが稽古になるのか。といったことをずいぶんとやっているような気がします。それは、・・・や、・・・。又は、・・・などの稽古で、バランス感覚も身に付くことでしょうが、インナーマッスルを鍛える結果にもなっているように感じます。



(イメージ図及び、…の部分の説明をご覧になりたい方は、“月刊空手道”VOL.458、2008年8月号の連載記事、“空手技術開発プロジェクト”を、ご覧ください。)

第44話につづく。
スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。